> > 生活保護を受けていても街金を利用できる?本当に融資が必要な人へ

生活保護を受けていても街金を利用できる?本当に融資が必要な人へ

長引く不景気で経済的に困窮した人が増える一方です。自分の希望の仕事について、十分な収入を得ている人というのはほんの一握り。

大半の人がお給料だけでは足りずにキャッシングなどを利用して足りない分を補てんしている状況です。さらになんらかの事情で働けない場合には生活保護に頼らざるを得ない人もいます。

しかし、生活保護というのは最低限の金額しか受け取れませんからそれでも足りない場合にはどうしたらいいのでしょうか。生活保護を受けながら街金を利用することは可能なのでしょうか?

生活保護を受給していても消費者金融は利用できる!?

まず気になるのが街金という聞きなれない言葉です。街金とは現在でいう消費者金融やキャッシングのことです。消費者金融の原型とも言える貸金業者ができたのが1960年代と言われています。

高度成長期にさしかかった日本では個人融資のニーズが高まってきました。そこで商いの中心地であった大阪で貸金業が生まれました。

当時、貸金業者の営業所や事務所の多くが繁華街にあったため街金と呼ばれるようになったのです。

街金の他にも当時は消費者金融はサラ金とも呼ばれていました。

むしろサラ金という言葉の方がみなさん聞いたことがあると思います。なぜサラ金と呼ばれるようになったかといえば、当時貸金業者を利用する人の大半がサラリーマンだったからです。

安定した収入があり、将来が約束されたサラリーマンという職業が当時は人気がありました。サラリーマンという肩書でお金を借りることができたのがその証拠です。

長い歴史を経て街金から消費者金融へ!安全で便利になった!

しかし、その後高金利や無理な貸し付け、暴力的な取り立てによって自己破産したり、自殺したりする人が増加したため、貸金業に対する法律が整備されることとなります。金利や借入限度額が制限されるようになると、貸金業者も以前のような利益を得ることができなくなり、次々と倒産していきます。
(⇒今の街金は低金利で利用ができます

生き残った貸金業者はサラ金や街金というダークなイメージのある呼称を改め、消費者金融と呼ぶようになります。人気タレントを使ったコマーシャルなども当時話題になりました。さらに消費者金融は大手銀行の傘下に入り、カードローン事業を請け負うようになります。

現在では銀行のカードローンの保証業務のほとんどを消費者金融が請け負っているかたちです。
(⇒銀行融資の審査は消費者金融がしている?

消費者金融は一般的に銀行よりも審査が柔軟と言われています。アルバイトやパート、学生や主婦でも借入が可能です。原則安定した収入があれば、年収が低くても借入できるケースが多いです。

そこで気になるのが生活保護を受けていても借入ができるかどうかということです。はたして生活保護は収入と見なされるのでしょうか?

サラ金という言葉を聞いたことがありますが、サラリーマンが多く利用していたためそう呼ばれたんですね。

過去にはトラブルがあったようですが、消費者金融は今は安心して利用できるようになって良かったです。

受給資格やルールをチェック!生活保護とはどんな制度?

生活保護を受けていても借入できるのかという点ですが、それにはまず生活保護について知る必要があります。生活保護を受けるための条件は下記の通りです。

  • 援助してくれる家族や親族がいない
  • 資産が全くない
  • 病気やけがなどで働けない

以上を満たしている人で毎月の収入が必要最低限の金額を下回る場合には足りない分を生活保護として受給することができます。

それでは生活保護中に制限されていることとはどのようなことでしょうか。

  • 車を所有、運転できない
  • 旅行に行けない
  • 貯蓄の制限あり
  • 家賃の制限あり

また生活保護費を借金の返済にあてることはできないのですでにキャッシングの借入がある場合には生活保護を受けることはできません。

現実的に考えても生活するのに最低限しかない生活保護費を返済にあてるというのは無理があります。

消費者金融はボランティアではありません。確実に返済が見込める相手にしかお金は貸しません。現在は不景気の影響で借金を踏み倒す人も多いのでそのようなリスクを避けるためにも貸付には慎重になっています。ですので、生活保護受給者への貸し付けはありえないと考えられます。

どうしても日々のお金が足りないという場合にはやはり働くしかないと思います。病気やけがでどうしても働けないという場合を除いてはまずは身近なところでどんな仕事でもいいので始めてみましょう。

働くことで生活保護受給はすぐに打ち切られるわけではありません。働いた分を差し引いた金額を受給することができるので徐々に勤務時間を増やすなどして生活保護を受ける生活から自立した生活を目指しましょう。
生活保護を受けるためには条件を満たす必要があり、またいろいろ制限もあるんですね。生活保護を受けている人はカードローンの利用はできません。

今は生活保護を受けていても少しづつ自立を目指しましょう。

生活保護よりも建設的!総合支援資金貸付制度を検討しよう

今はお金に困っているけれど、働いていずれは自立したい、そう強く希望している方には生活保護よりもおすすめの公的な支援制度があります。

市町村の社会福祉協議会が行っている総合支援資金貸付制度です。あまり聞きなれない支援制度ですが、自立を目指す人には知っていてほしい公的融資制度です。

総合支援資金貸付は自立を実現するために総合福祉協議会とハローワークが連携して受給者をサポートしてくれます。総合支援資金貸付では生活費、住居入居費、一時再建費の3つの支援があります。

生活支援では生活の立て直し、住宅入居費では部屋を借りる費用、一時再建費では就職に必要な資格を身に付けたり、債務整理の費用にあてることができます。

総合支援資金貸付制度なら無利子または超低金利!

総合支援資金貸付では連帯保証人が要る場合は無利子で、いない場合は1.5%で借入ができます。カードローンの平均金利が14%ということを考えると大変低い金利で借入ができます。

総合支援資金貸付を利用するためにはいくつかの条件を満たす必要があります。例えば生活が困窮していること、住居があるもしくは申請中であること、ハローワークから支援を受けることに同意していることなどが挙げられます。

総合支援資金貸付は最大で12カ月間受給することができ、返済期間は20年となります。申請から給付まで約2週間ほどかかります。

申込条件を満たすなら、生活保護よりも総合支援資金貸付による自律支援を受ける方が長い目で見るとおすすめだと思います。ただし、制度自体を知らないという人も多いので、お近くの福祉事務所に足を運んで、窓口で相談してみるといいでしょう。

総合支援資金貸付制度について詳しく知りませんでしたが、自立を目指す人をサポートしてくれる制度なんですね。

興味のある方は近くの福祉事務所で相談してみてくださいね。

自立に向けて働こう!収入があればキャッシングが利用できる!

生活保護を受給しているうちはキャッシングの利用はできませんが、自分で働き始め収入を得ることができれば生活保護をやめてキャッシングを利用することができるようになります。そんな人はまずはできるだけハードルの低いキャッシングをおすすめします。

キャッシングというのは銀行よりも消費者金融が審査が柔軟ですし、さらには消費者金融の中でも大手よりも中堅の方が審査に通りやすいです。ただし、中堅と言われてもいまいちぴんとこない人が多いと思います。(参考ページはこちら→大手じゃない金融業者ってどんなところ?

中堅の会社は大手に比べると知名度も低いですし、利用者も少ないのでできるだけ審査を緩くしてお客さんを集めたいのでしょう。

審査に自信がない人にも柔軟に対応してくれることもあります。

中堅の消費者金融の中でも人気なのがフクホー、キャネット、フタバ、アローなどです。キャネットに関してはキャッシングの口コミランキングでは常に上位です。人気の高いキャネットをチェックしてみましょう。

キャネット

キャネットは北海道にある消費者金融で道内のみならず全国的に人気が高いです。もちろん北海道以外にお住まいの方でもインターネットで申し込みを行えば利用することが可能です。

キャネットの利用を決めたらまずは返済シュミレーションを利用して毎月の返済額や返済回数などをチェックしましょう。事前にきちんとした返済計画を立てることでスムーズに返済することができます。借入してからこんなはずじゃなかったということにならないように気をつけてください。

返済金額をチェックしたら今度は実際に借入が可能かどうか借入診断を試してみましょう。

借入診断とは借入が可能かどうか必要事項を入力するだけで瞬時に判断してくれるツールです。申込をすると信用情報に記載されてしまいますので無駄な申込を避けるためにもぜひ借入診断を活用してください。

キャネットの基本情報と評判について

それではキャネットの基本情報をみてみましょう。

キャネットでは新規の利用者は5万円から50万円、返済実績のある利用者は最大で300万円まで借入が可能です。

金利は15%~20%で借入額に応じて決定されます。

返済は残高スライドリボルビング方式となり、借入残高に応じて返済額が決まります。最低返済額は3000円からとなっています。

口コミを見ると審査が柔軟だった、スタッフの対応が良かったなど高評価です。

キャネットの他にも柔軟な消費者金融は多数ありますのでぜひチェックしてみてください。ただし、柔軟と言っても、属性や年収、借入状況などは一人ひとり違うので必ずしも借入できるというわけではありませんが希望を捨てないようにしてくださいね。

今は生活保護を受けていても少しづつでもアルバイトなどで収入を得ることができれば、カードローンを利用できるようになるんですね。まずはハードルが低めのカードローンがおすすめです。

プロミスやノーローンなどがサービスも充実していて人気です。

新着記事
ページトップへ