> > 申し込みブラックって何?街金利用時の注意点とは

申し込みブラックって何?街金利用時の注意点とは

街金のキャッシングや銀行のカードローン、何度申し込んでも審査に通過しない!初心者さんの中には、そんな人もいることでしょう。自分では完全に気を付けて申し込みをしているつもりでも、なぜか審査に落ち続けることがあります。

そんなあなたはもしかして、申し込みブラックの状態になっているかもしれません。これではどんなに申し込みを繰り返しても、結局は同じ結果です。

申し込みブラックって何?他に申し込みの時に気を付けることはあるの?初心者だけではなく、今まで申し込み経験がある人も、改めてチェックしてみましょう。

心当たりがないのに落ちる!申し込みブラックの危険性

何度申し込みをしても、審査に通過できないという人は、必ず何か理由があります。まず考えられることは、以前、別の金融機関でお金を借りていて、返済事故を起こしているということです。返済の期日に遅れたり、返済しきれずに債務整理をしたりなどですね。

しかし、そんなことをした覚えがない、そもそも街金、つまり消費者金融でお金を借りるのは初めて、という場合は、ひとつ考えて欲しいことがあります。(参考ページはこちら→融資の申し込み前に考える事

  • 複数の金融機関の融資商品に同時に申し込みをしているかどうか

つまり、A社だけではなく、B社、C社など、複数の会社でお金を借りようとして、ほぼ同時に申し込みをしたのではないか、ということです。中には「A社の審査に落ちた時の保険に」という意味で、B社、C社に申し込んだ人もいるかもしれません。

しかし、これは決してやってはいけないことです。

同時に数社に申し込むと、申し込みブラックという名称になり、審査に通過することができなくなってしまうのです。

申し込む本人としては、悪いことをしようと考えたわけではなく、純粋に保険の意味で申し込んだのかもしれません。しかし、この申し込みブラックは、金融機関が何よりも嫌がる申し込みのひとつなのです。

どうして嫌がられるの?申し込みブラックの扱いとは

金融機関が申し込みブラック、すなわち多重申し込みを敬遠する理由は、申込者の返済能力が判断しにくい、ということが考えられます。

  • 短期間で借りられるだけ借りたいと考えているのではないか

金融機関は、多重申し込みをした人に対し、このような疑問を持ってしまいます。一般的にキャッシングやカードローンは、契約したばかりの頃は利用限度額が低く、借りられる金額がそれほど多額になることはありません。

何らかの事情で多額のお金を必要としている人が、無理やり借りようとしているのではないか?そんな緊急の事態で返済が確約できるのだろうか?金融機関はこのように考えてしまうのです。

銀行カードローンも消費者金融も、貸したお金に利息をつけ、返済してもらうことによって利益を得ています。もしも返済できないとなると損益になり、業務上の手続きも面倒なことになってしまいます。

多重申し込みがブラック扱いされる理由は、申込者の状況を信用できないということに他なりません。

そんなつもりで申し込んだわけではないという人には、とても理不尽なブラック扱いでしょう。しかし、金融機関の安全策のひとつとして取られている方針だということを理解し、今後は気を付けていくべきだと考えたいものです。

再申し込みはもうできないの?ブラック解除までの期間

申し込みブラックになっていると、どこの金融機関の融資商品に申し込みをしても、審査に通過することはできません。焦って更に申し込みを重ねることはNGです。と言うのも、しばらく申し込みを控えていれば、自然にブラック状態から脱出できるからです。

  • 申し込みブラックの情報は半年で消える
  • 半年の間はどこに申し込んでも審査通過の可能性が低い

申し込みブラックは、他のブラック(返済遅延、債務整理など)と比較すると、非常に軽い部類のブラック状態です。人によってはそこまで重要な状態ではないと錯覚するかもしれません。

重要ではない、というわけではないのですが、「審査に通過する可能性が低い」という状況は、半年間で終わるため、あまり深刻に考えすぎる必要はないと言えるでしょう。半年の間は新規の申し込みを控え、ブラック状態が解除されるまで待つことが最善です。

半年ほど経てば、申し込みブラックとしての情報は消え、新規の申し込みをすることができるようになります。この時、また数社に同時に申し込むということは絶対にしてはいけません。1社ずつ、確実に審査を受け、結果の通知を待つことにしましょう。

街金でお金を借りる時、つい複数の会社に同時に申し込みをしてしまったことはありませんか?それは申し込みブラックとなり、審査に通過することができなくなってしまいます。

多重申し込みは金融機関側が嫌う申し込み方法です。短期間で借りられるだけ借りなければいけないほど、切羽詰った人に返済能力があるのだろうか?という疑問を持たれてしまうからです。

申し込みブラックになると、半年ほど情報が残るため、他社に新規で申し込んだとしても、審査には落ちてしまいます。諦めて時間が過ぎるまで待つしかありません。

どうして分かる?信用情報共有に気を付けて!

申し込みブラックになった人は、もしかするとこんな疑問を持つかもしれません。「どうして他社で同時期に申し込んだことが分かるのだろう?」。この疑問はもっともです。普通、A社に申し込んでいることを、B社やC社が知っているというのは不思議な状況ですよね。

ここで関わって来るのは、「信用情報」というものです。信用情報とは、銀行、消費者金融、信販会社などの融資商品を申し込んだ人であれば、必ず生じる金銭関係の情報です。

  • 申し込みをした時点で申し込み状況が登録される
  • 情報は各金融機関で共有される

1番目にA社に申し込みをすると、その時点で信用情報が発生し、登録が行われます。そしてその情報は、B社、C社も自由に閲覧することが可能です。

ここで、あなたが他社にも同時に申し込みをしていることが分かり、審査に通過することなく、申し込みブラックとなるわけです。

同時に申し込みをしたわけではないとしても、およそ一ヶ月以内の短期間に立て続けに申し込みをしても同様です。いずれも申し込みブラックとなり、どこの金融機関でも、審査に通過することは難しくなるでしょう。

どこで閲覧するの?信用情報機関の利用について

信用情報は、信用情報機関という場所に登録・保管されることになっています。日本に3つの信用情報機関があり、銀行系、消費者金融、信販会社がそれぞれ利用しています。

審査の時にはここで情報が参照されることになるということですね。(参考ページはこちら→信用情報機関の情報について

  • 氏名、年齢、住所、勤務先など個人特定情報
  • 現在の申し込み状況、金融商品利用状況
  • 返済状況

主にこのような情報が登録されています。個人特定情報は、あなたが申込書に記入した情報が主な内容となっています。申し込み状況や、現在の金融商品利用状況(借り入れ状況)は、利用する金融機関が随時登録を行うことになります。

また、返済状況も、返済のたびに登録されます。順調に返済していればプラスの情報として取り扱われますが、遅延・延滞といった返済事故の情報もしっかり登録されますので、今後の新規の借入にも影響する可能性が高いと言われています。

いわば、信用情報機関には、金融関連の個人情報がほぼ全て登録されていると考えて良いでしょう。登録は信用情報機関ではなく、商品を利用している金融機関が行いますので、利用のたびに情報が書き換えられることになります。

ブラックはどんな扱い?登録内容と保管期限の詳細

金融商品の利用状況がほぼ全て登録される信用情報機関には、もちろんブラック状態であることも登録されます。

  • 多重申し込み(申し込みブラック)
  • 返済遅延、延滞(返済事故)
  • 債務整理
  • 自己破産

ブラックの内容としては、以上のものが共通のものとなっています。金融機関によっては、ブラックとして取り扱わないこともあるのですが、その基準は各社で違うため、厳密に断言することはできません。

また、ブラックを含めた信用情報は、一定の登録期間を過ぎれば削除されることになっています。公式サイトにも明記されていますので、不安な人は一度確認してみると良いでしょう。いつまでもマイナスの情報が残っていては、あまり良い気分ではありませんよね。

各金融機関が利用する信用情報機関と、情報の登録期間は以下のようになっています。

信用情報機関
(略称)
利用金融機関 情報登録期間
全国銀行
個人信用情報センター
(KSC)
銀行、信用金庫、
信用組合など銀行系
申し込みブラック:半年
遅延・延滞・債務整理:5年
自己破産:10年
株式会社
シー・アイ・シー
(CIC)
信販会社 申し込みブラック:半年
遅延・延滞・債務整理:5年
自己破産:5年
株式会社
日本信用情報機構
(JICC)
消費者金融 申し込みブラック:半年
遅延・延滞・債務整理:5年
自己破産:5年

ブラック関係になってしまう情報は、以上の年数が経過すれば削除されます。また、氏名などの個人特定情報も、新規で銀行カードローンやクレジットカードを利用していなければ、ブラック情報と共に削除されることになります。

個人特定情報を含め、全ての情報が削除された後、新たに金融商品を申し込んだ時は、また新規の情報として扱われるようになります。過去のブラック情報なども消えているので、自己破産などで苦しんだ人も、新たなスタートを切ることが可能ですよ。

申し込みブラックを始め、個人の金融関連の情報を信用情報と言います。これはブラック情報だけではなく、借入状況や返済状況など、金融商品の利用状況も含まれます。過去に返済トラブルを起こしていれば、その情報も登録されていることになります。

信用情報は各金融機関で共有されています。情報は信用情報機関に登録されるため、閲覧が可能となっているからです。また、信用情報に変更があれば、金融機関が登録・変更を行うことになっています。

一定期間が過ぎれば、情報は削除されることになっていますので、過去にブラック経験がある人でも、再びキャッシングなどの金融商品に申し込むことが可能になります。

何度もチェック!申し込みから審査結果の通知まで

申し込みブラックや信用情報、信用情報機関についての知識がついたのなら、今度こそ失敗しないよう、申し込み方法や審査の流れについてチェックしておきましょう。次は必ず審査に通りたいものですね。(⇒初心者は融資に通るのも一苦労?

まずは申込書の記入です。今はインターネット画面の申し込み画面に入力をすれば、手軽に送信できるようにもなっていますね。ここでは手書きの申込書、インターネットの申し込み画面に共通する注意点を考えましょう。

  • 指定の項目を全部入力しているか
  • 入力内容に誤りはないか
  • 誤字・脱字はないか

指定の項目は、氏名や年齢、勤務先、年収などが用意されていることでしょう。全てを必ず埋めることが必須です。ひとつでも抜けていると、それだけで審査に落ちてしまいます。

入力内容は、絶対に正しい情報を記入しましょう。例えば、少し見栄を張って、年収を多めに記入したくなるかもしれません。

しかし、これは同時に送付する収入証明書で、嘘だと言うことが知られてしまいがちです。

やはり審査に落ちてしまいますので、必ず正しい内容にして下さいね。

そして基本と言えば基本、誤字・脱字がないかをよくチェックして下さい。誤字や脱字は本人にそのつもりがないとしても、「嘘の情報」として扱われてしまいます。これだけで審査に落ちてしまうのです。初歩的なことですが、何よりも大切です。

こう見てみると、申込書の送付前に、最終チェックを重ねれば、どれも避けられるミスだと言えます。念入りに何度も確認することが、審査に通過する最短の近道と言えるかもしれません。

必要書類は?身分証明書と収入証明書を用意!

申し込みをする時、必要なのは申込書だけではありません。本人確認証と言われる身分証明書、そして収入を明確にする収入証明書の写しを同封する必要があります。

郵送による申し込みは同封、インターネットからの申し込みでは、写メールでの同時送信OKとなっている金融機関、後日改めて郵送することになる金融機関と分かれています。

各金融機関によって、対応方法が異なっています。申し込みの説明書に明記してありますので、忘れずにチェックするようにして下さい。間違えると、やはり審査に悪影響が出る可能性が高くなってしまいます。

証明書 利用書類
身分証明書 運転免許証、健康保険証、個人番号カード、
パスポート、外国人登録証、永住許可証など
収入証明書 源泉徴収票、給与明細書、納税通知書、
(自営業なら)確定申告書、経営状況報告書など

身分証明書、収入証明書共に、それぞれの金融機関によって、求めるものが違う場合がありますが、大抵はこのうちのいずれかになっています。個人番号カードを利用する際は、ナンバー部分が見えないよう、目隠しをして写しを取ると良いでしょう。

また、収入証明書は、消費者金融の場合、借入限度額が50万円以下の場合、提出不要となっていることもあります。

それほど多額の借入をしないと言う人なら、50万円以下の希望額にしておけば、収入証明書を用意する手間が省けますね。

いざ送付!審査の流れはこうなっている!

申込書の送付が完了すれば、審査の結果が出るまで、おとなしくしている以外にできることはありません。と言っても、最近の消費者金融は審査がスピーディですので、それほど待たされることはないでしょう。

審査項目 内容
申込書、個人情報のチェック 誤字・脱字などはないか、情報は正確か
信用情報のチェック 信用情報機関の登録情報を参照
新規利用者の場合は登録を行う
審査に通過しなくても結果が登録される
職場への在籍確認 職場へ電話をかけ、在籍の真偽を確認
本人が電話を取らなくても良い
審査結果の通知 通過通知が来れば借入が可能になる

審査の流れはこのようになっています。この中で気になるのは、職場への在籍確認ではないでしょうか。これはあなたが申込書に書いた勤務先で、本当に働いているかどうかをチェックする、重要な項目となっています。

また、自営業の人は経営している会社へ、専業主婦の人は自宅に電話がかかってくることになっています。

いずれも本人が電話に出られなくても、在籍しているという言質が取れれば問題ありません。どうしても自分で電話に出たいという人は、申し込みの時に、電話の時間を指定できるかどうかを問い合わせてみると良いでしょう。

在籍確認を超えれば、審査はほぼ完了です。審査結果がOKであれば、借入を始めることができます。借り過ぎに注意して、計画的に利用しましょう。

申し込みをする際、多重申し込みの他に気を付けたいことは、申込書の記入や、同封するべき証明書類についての注意事項です。申込書の必要項目は全て埋める必要があります。また、誤字や脱字があれば、その場で審査に落ちてしまいますので、最終確認をしましょう。

証明書類は身分証明書、収入証明書が求められます。それぞれ金融機関が指定する書類の形式がありますので、申し込みの際には確認してから準備をしておきましょう。また、借入希望額が50万円以下の場合、街金では収入証明書を提出しなくても良いことになっています。

審査は申込書の精査、信用情報のチェック、職場への在籍確認といった流れになります。在籍確認は電話で行われます。自分で電話に出たい場合は、先に電話の時間を指定しておくと良いでしょう。

初心者必見!大手の街金は利便性抜群!

初心者がお金を借りる時、一体どこの街金で借りればいいのか迷ってしまうかもしれません。何と言っても消費者金融の数は多く、選択するだけでも一苦労です。そんな時にお勧めなのは、テレビCMなどでもお馴染みの、大手消費者金融の数々だと言えます。

  • 大手ならではの厚い社員教育
  • 一定期間金利がかからないサービスがあることも
  • 独自のATMや提携ATMが多く、借入・返済が容易

大手の消費者金融では、社員教育にも力を入れています。初心者が戸惑わないよう、懇切丁寧な対応をしてくれますし、いざトラブルに直面した時も、できる限り利用者が困らないよう、相談に乗ってくれることも少なくありません。

また、資金力が豊富な大手の一部の消費者金融では、一定の期間は金利をかけず、無利息で利用できるというサービスを提供していることもあります。リーズナブルに利用したい人にはうってつけのサービスですね。

独自のATMや提携ATMが多いことも特徴的です。独自のATMはもちろん、提携ATMは、借入や返済を行うことができます。提携ATMはコンビニATM、そして一部銀行のATMでも利用できますので、かなり広範囲でのキャッシングが可能になります。

このような理由から、大手の消費者金融は、初心者にお勧めすることができるのです。大手ならではの安定感で、安心して利用することができそうですよね。口コミなどでも大手の消費者金融は人気ですよ。(参考ページはこちら→金融業者選びはネットの評判で

大手中の大手!アコムで手厚いサービスを!

大手消費者金融の代表格と言えば、テレビCMでも有名なアコムです。最近では独自のサービスも展開し、ますます人気を集めています。

  • 通常のキャッシング(カードローン)
  • キャッシング機能つきのショッピングクレジット

消費者金融のメイン商品、キャッシングに加え、アコムではキャッシング機能つきのクレジットカードも発行しています。普通にキャッシングをするだけでは物足りない、ショッピングは別枠でしたい、という人は、ぜひチェックして下さい。

商品名 金利 限度額 特徴
アコムカード 3.0%~18.0% 800万円 通常のキャッシングに利用
30日間金利0円サービスあり
AC
マスターカード
10.0%~14.6% 300万円 クレジットカード
(ブランド:マスターカード)
ショッピング、キャッシングが可能

キャッシング用のカードには、30日間の金利0サービスがついてきます。初めて利用する人限定となっていますので、申し込みの時には何が何でも思い出しましょう。

クレジットカードは、ブランドがマスターカードとなっています。世界でも有数のカード会社で、その信用度は折り紙付きですよね。キャッシングはもちろん可能ですし、かつ、普通のクレジットカードと全く同様に使えます。

どちらの商品が良いかは、個人のライフスタイルによって変わってくるでしょう。どちらも安定して利用できるカードですので、お好みの方を選んで下さいね。

瞬フリでスピード融資!プロミスで堅実キャッシング!

キャッシングと言えば、プロミスもまた有名です。キャッシングの方法、返済方法が多彩で、忙しい現代人の多様なライフスタイルにマッチしています。独自のATM、提携ATMが多いことも嬉しいポイントです。

その中でも、最も利用しやすく、人気のフリーキャッシングについてチェックしてみましょう。

項目 内容
商品名 フリーキャッシング
金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
特徴 30日間無利息サービス
借入・返済方法が多彩

金利や限度額については、多くの消費者金融と同じくらいだと考えられます。また、アコムと同様、初回利用者に限り、30日間無利息サービスがあることも見逃せません。

借入や返済方法は実に多彩で、インターネットからの申し込み、電話からの申し込み、それぞれ思い立った時にすぐに借入をすることが可能です。特に瞬フリと呼ばれる振込サービスは、受付完了から最短10秒で振込を受けられるため、非常に注目されています。

瞬フリの利用条件は、以下のようになっています。

  • 三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座がある
  • 事前に利用登録が完了している

この2つの条件を満たしていれば、24時間、いつでも振込の申し込みをすることができます。銀行の営業時間によって、振込のタイミングが翌営業日になる可能性はありますが、営業時間内であれば、最短10秒で振込が完了します。

返済も通常の振込返済の他に、指定銀行口座からの引き落とし「口フリ」を利用することが可能です。毎月の返済日に、確実に引き落としが行われるため、うっかり返済を忘れるということもありません。信用情報の積み重ねにも最適だと言えるでしょう。

初心者が街金でお金を借りる時には、何と言っても大手の消費者金融がおススメです。サービス内容も豊富で、便利に利用しやすいからです。商品も充実しています。

アコムはキャッシングだけではなく、キャッシング機能がついたクレジットカードも提供しています。キャッシングとショッピングを一枚のカードで済ませたい人には嬉しい商品でしょう。もちろん、キャッシング商品も優れていますよ。

プロミスのフリーキャッシングは、堅実な内容となっています。しかし、借入や返済の方法が多く、様々なタイプのライフスタイルに適した使い方が可能です。特に瞬フリと呼ばれる、最短10秒での振込サービスは、かなり助かるものでしょう。

どちらの会社でも、初めて利用する時には、30日間金利がかからないサービスを行っています。申し込みの時には思い出して、お得に利用して下さいね。

借り過ぎ注意!どんな時でもブラックは不利!

初心者ならではのミス、申し込みブラックさえなければ、申込書の誤記入でもない限り、そうそう審査に落ちることはないはずです。しかし、もしブラックになってしまうと、その後の一定期間、新規で申し込みをしても意味がありません。

申し込みブラックに限らず、ブラック状態というものは、思った以上に不利な立場に立たされることになります。必要な時に自由にお金を借りられないというのは、少々ならず心もとない状況だと言えるでしょう。

そんなことにならないよう、もし審査に通過することができたとしても、利用の際には充分な計画性が必要です。分からないことは金融機関にどんどん質問して、お得に、そして賢くキャッシングしていきましょう。

申し込みブラックは、初心者ならではの痛恨のミスになります。軽い気持ちでしたことが、思いがけず、ブラックという歓迎できない状態を招き寄せてしまいますよ。半年ほどは新規の申し込みをしても無駄な結果になってしまいます。

ただ、いつまでも借りられないわけではありません。半年を過ぎればブラック状態からは解除され、新規申し込みで審査に通過することも可能になります。申し込み時の小さなミスに気を付けて、そして信用情報を意識して利用しましょう。

他にも返済関連で、ブラックの状況はいくつか存在しますが、堅実に利用していれば、そのようなことにはなりにくいもの。無理な借り入れはせず、自分に合った使い方をしましょう。

新着記事
ページトップへ